HOME  > 打ち直し・リフォーム > 補修・メンテナンス

羽毛布団専門店ではこんなことも出来ます!

★羽毛布団の衿元や足元のかさが減ってきたなぁ・・・!と思われたら


《 減たったところに足し羽毛を足す、羽毛の追加補充 》

★側生地に穴を開けてしまったぁ・・・!こんな場合は、

《 穴が開いたところに「あて布」で補修します 》
 

「羽毛布団のメンテナンス」 事例一覧 (2 件)

「羽毛布団のメンテナンス」お客様の声

《アンケートにお答えいただきました》 平成 29年 11月 14日

1.リフォームの仕上りは いかがでしたか?


丁寧な仕上りで、お願いして良かったと思います。
専門家の眼で仕上げていただいているので、これが普通なのか
と思いますが、総量として少し思いような気がします。
(パンパンに入っていて ふんわり感がなくなったかな)

2.当店の対応はいかがでしたか?

古い品物で恐縮でしたが、相談にものっていただき
安心してお願いできました

3.その他、ご意見・ご希望をお寄せ下さい。

インターネットで知ったので ちょっと心配でしたが
とても良心的で お願いして良かったです


 
 この度は、アンケートにお答えいただきまして 誠にありがとうございました。
このお客さまの声を大切にして 今後の営業及びサービス活動に 活用をさせていただきたく思います。
今後とも ご愛顧のうえ よろしくお願い致します。
ありがとうございました。
  
 羽毛ふとん専門工房 グートン
 

◆羽毛布団に羽毛を補充した時の見積もり例・・・

★羽毛布団の えり元 と 足元 の羽毛が減ってパワーが無いなどの場合、えり元・足元などに羽毛を補充することができます。
★羽毛補充 【ホワイトダック】を100g足した場合・・・


①補充する羽毛 ホワイトグースダウン 100g・・・¥3,000.-
②充填・縫製加工費 【えり元 と 足元の 二ヶ所】・・・¥2,000.- 
     

●合計金額: ¥5,000.- となります。

羽毛布団の襟元や足元への部分足し羽毛できます。
※ご希望により、補充する羽毛を多くしたい時や 必要に応じて羽毛を足す場合には 追加足し羽毛分が加算されます。
※羽毛布団全体に 羽毛を充填される場合には、加工費が シングル¥3,000.-になります。
但し、羽毛布団のキルト縫製の種類によっては、足せない場合があります。




■電話をかける

 

●全体に羽毛を補充した事例をご紹介します。

●羽毛布団全体に パワーが無くなってきたので、合計 羽毛を150g足しました。
●既存の充填羽毛は、シベリア産 ホワイトグース ダウン93% スモールフェザー7% 1.4Kg入り と表示してありましたので、かさ高の同等の羽毛ダウンを150g足し加工しました。
●側生地の縫製は、4x5 の20マスの立体縫製になっていましたので、中央部分の2列には各10g・サイド部分の2列には、5gを足して、合計150g充填しました。

※ 注:羽毛を羽毛布団全体に足せない場合があります。
それは、羽毛布団のキルトが、特殊なキルトであったり、立体キルト縫製では無くて、マチが無い「ベタキルト縫製」です。
ご注意ください。

加 工 前 の 羽 毛 布 団

足し羽毛してふくらみがもどりました。
加 工 後 の 羽 毛 布 団

◆羽毛布団に穴が開いた場合の補修には・・・

★羽毛布団の側生地が破れた場合には、あて布補修で 穴をふさぐことができます。
 
 
 ※但し、補修可能の大きさは 直線で5~7cm位迄です。

破れた羽毛布団の側生地部分

◆あて布補修の加工工程

羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修①
まず、あて布を穴の大きさに合わせてカットします。
羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修②
側生地を上からたたいて、あて布の周りの羽毛を周囲に追いやり あて布を上に貼ります
羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修③
タオルを当てて側生地を保護します
羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修④
その上からアイロンを押し当てます
羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修⑤
頃合を見てアイロンを離します
羽毛布団の生地に穴が開いたので あて布で補修⑥
あて布補修が完了しました

◆羽毛布団のその他の注意点

★決して、羽毛布団には 針を使わないでください!

※これは、羽毛布団に 襟カバーを付けるために、針で縫ったために、針穴から羽毛が 吹き出てきたものです。
※こうなると、「側生地を新しく交換」をしなければなりません!  

針穴から羽毛が飛び出してます。
※羽毛は、どんな小さな穴からでも吹き出てきます。
※羽毛布団は、吹き出しを防止するために、羽毛布団の生地には、通常ダンプルーフ加工と呼ばれる 吹き出し防止用特殊加工を生地に施しており、生地組成糸の間をから羽毛が吹き出てくるのを防いでいます。

★もう、こうなってしまえば、羽毛を取り出して、「新しい側生地に交換」するしか方法がありません。
針の穴からでも羽毛は飛び出してきます。
羽毛布団の生地にはダウンプルーフ加工されています。

●羽毛布団のことなら 羽毛ふとん専門工房/グートンにお任せください。

●羽毛布団専門店の「羽毛ふとん専門工房/グートン」は、皆様により快適にお使い頂ける羽毛布団を自社にて製造・販売しております。

取扱い羽毛布団は、「逸品」アイダーダック、スーペリアマザーグース、最高品質マザーグース羽毛布団高品質ホワイトグース羽毛布団、厳選された普及品ホワイトグース羽毛布団等、サイズ別・仕様別の羽毛布団を揃えております。
また、規格サイズ以外の
ご要望が多いロングロングサイズ丈長230cm超丈長250cm・幅の広いワイドキングサイズ等、お客様のご希望でオーダーメイド(別注)羽毛布団もお作りいたします。

●さらに、ご購入後の羽毛布団につきましては、補修・メンテナンス、長年お使い後は羽毛布団のリフォームまで、自社羽毛工房にてご用命いただけます。
羽毛布団のリフォームでは、羽毛の診断をし羽毛の状態に合わせてプレミアム コーススチーム・除塵コース側生地のみ交換コースをご提案いたします。
どうぞ
羽毛布団のことなら 何でもお気軽にご相談ください。
羽毛ふとん専門工房の出口雅昭です。お気軽にお尋ねください。
羽毛ふとん専門工房/グートン
代表 出口雅昭
羽毛製品アドバイザー
ダウンプロフェッサー
 

このページの上へ