HOME  > アイスランド訪問記

◆世界で逸品の羽毛「アイダーダック」を求めて・・・   

《アイダーダックを育む アイスランドの島々》

アイスランド 旅行記 平成24年6月8日~15日

アイダーダックの羽毛布団はグートンの羽毛ふとん専門工房におまかせください。

◆ ヨーロッパ最北の地、アイスランドへアイダーダックを求めて・・・

ヨーロッパ最北の国、「アイスランド」、この国はもう北極圏内です。
荒涼とした大地が続き、厚さ1,000mにもなる氷河は、国土の10%を占める「氷の島」と呼ばれています。
島の中心には火山帯が走り、5年に一度は活発化する火山の島でもあります。
人口は、約32万人で、首都のレイキャビックにその90%の人々が暮らしています。

私が訪れた6月は、アイスランドでは夏季にあたり、太陽は沈むことはなく一日中昇っています。つまり、夜も明るいのです。
アイダーダックの故郷。アイスランドの島々。
日本からドイツへ約14時間、そして飛行機を乗り換えてさらに3時間30分かけて「アイスランド」に到着しました。

◆世界最北の国「アイスランド」の訪問記 第1弾・・・「フラトエイ島」

●アイスランドへはまず日本からドイツまで14時間、その後飛行機を乗り継いでさらにアイスランドまで3時間30分。アイスランドの首都レイキャビックに到着。

最初の訪問地は、アイスランド西部のブレイザフィヨルド湾に位置するFlatey(フラトエィ)島です。

交通手段は船を利用するため、港まで車で約2時間程かかり、そこからフェリー船でフラトエイ島の港まで約4時間、そして、さらにボートに乗り変えて1時間後。
やっとアイダーの島に到着です。
アイダーダックのふるさと。アイスランド、フラトエイ島へ

このブレイザフィヨルド湾には、2,000近くもの島が点在しています。
この地域は、潮の干満差がとても大きく(最高5mほどの落差があるそうです)、
潮の満潮時には、島の数が1,500ほどに減少するんだそうです。


アイダーダックのふるさと。アイスランド、フラトエイ島へ
フラトエイ島(アイダーの島)では、アイダーダックの生態状況やアイダーダックの羽毛採取及び採取した羽毛の加工工場などを視察。
この地は、特にアイダーダックの生息地として知られ、一番アイダーダックが密生している地域なのです。

●アイスランドは、アイダーダックの故郷(ふるさと)なんです!

●アイスランドの各地には多くのアイダーダックが生息していますが、特にその中で北部のブレイザフィヨルズ地方は多数のアイダーダックの故郷として有名です。
アイダーダックの故郷。アイスランド全体の地図

●本島からフラトエイ島へ それは・・・アイダーの島。

アイダーダックの島。アイスランド旅行記。
本島の港から約4時間かけてフラトエイ島の港に到着。
アイダーダックの島。アイスランド旅行記。
さらに、ボートに乗り換えて1時間・・・遠い~~
アイダーダックの島。アイスランド旅行記。
やっとアイダーの島へ到着。
アイダーダックの島。アイスランド旅行記。
島々への交通手段は小さなボートです。

★ここが、フラトエイ島(アイダーの島)の玄関口です。

「なんと美しい処なんでしょう!」 海は真っ青で 空も澄み切り、何一つも汚れが無い 環境が揃った大地です。
アイダーダックの島。アイスランド、フラトエイ島。
●こんな処で アイダーダックは生息しているのです。

アイダーダックの島。アイスランド、フラトエイ島。

◆島には大きな中池があり,アイダーダックの子育てと遊びの場になっていました。

この池は、アイダーダックのヒナたちが育つための好条件(外敵からや自然の天候など)が、揃っていてとても過ごし易い環境です。
アイスランド、フラトエイ島にある中池。アイダーダックの憩いの場所です。
この中池は天敵が少なく、アイダーダックが子育てをする最適な環境が整った、とても大きな池です。

アイスランド、フラトエイ島にある中池。アイダーダックの憩いの場所です。
中池では、アイダーダックの親子がたくさん集団で子育てをしています。

アイスランド、フラトエイ島にある中池。アイダーダックの憩いの場所。珍しいオスのアイダーダック。
普段の子育ては、母鳥が中心に面倒を見ていますが、これは、珍しくオス鳥も一緒に泳いでいます。

この島の持ち主のファミリーです。
アイダーダックの加工会社の社長(中央男性)とそのお嬢様(右端)とお孫様達。
島のあちらこちらにアイダーダックの親鳥たちが営巣しています。
アイダーダックの巣を発見。外敵から守る為、こんなところに。
草むらの中に巣作りをしています。大きな卵が見えます^-^
アイダーダックの親鳥はこんなところで、雛に孵るまで外敵から卵を守ります。
ファミリーの子供達はアイダーダックの巣へ次々に連れて行ってくれます。
岩陰にはグースの巣がありました。
アイスランドのアイダーダックのヒナです。可愛いですよ。
ちょこっとヒナを抱っこしました。可愛い~~!
たくさんのアイダーダックのヒナたち。
アイダーダックのヒナ鳥の集団。みんな仲良しです。
この中池は、アイダーダックたちの遊びの場です。
島にある中池。アイダー達の学校です。
アイダーダックのファミリー
アイダーの親子が中睦まじく揃って泳いでいます。
アイダーダックのファミリー
たくさんのアイダーダックの親鳥たちがこの池で子育てをします。

● アイダーダック羽毛の収集

アイダーのダウン(羽毛)を集めるバッグです。
このように袋を首から下げて歩きながら 巣から一つ一つ羽毛を採集します。
集めたアイダーの羽毛を自然乾燥させます。
集められた羽毛を暫く乾燥させます。
精製前のアイダーダックの羽毛
採取したばかりの羽毛には当然、藁などが混じっています。

◆アイダーの島での第一次加工風景

採取したアイダーダックの羽毛を殺菌乾燥する機械
羽毛を殺菌乾燥させる機械
アイダーダックの羽毛を除塵する機械
第一回目の除塵機
第一次除塵加工後のアイダーダックの羽毛
殺菌と一回目の除塵後の羽毛
一次処理したアイダーダックの羽毛をトラクターに積んでボートへ運びます。
ボートへ積み込んで本島へ
アイダーダックの羽毛を入れた袋
今回は、2ベール(約30Kg)ほどを持ち帰ります。
アイダーダックの羽毛ダウンの管理ラベル
管理用として詳細がわかるラベルを付けます。
早くも島ともお別れです。
アイダーの島とのお別れです。島のオーナーファミリーが見送りしてくれました。
アイダーの島ともお別れです。
このボートで往きと同じくフェリーの乗り継ぎ場まで行きます。
とても楽しい訪問でした。
つかの間の旅行気分を愉しんでいます。
アイスランド本島へ戻ります。
海の交通のフェリーは島の人にとってとても大事な交通手段です。

◆本島の加工場の風景

アイダーダックの羽毛を加熱処理
本島に持ち帰ったアイダーダウンを、再度150度で殺菌処理
アイダーの羽毛を再度除塵加工
二回目の除塵加工
アイダーダックの羽毛の精製処理
細かい網目からゴミが落ちていきます。
アイダーダックの羽毛の精製処理
徐々にきれいなアイダーダックの羽毛になっていきます。
アイスランド産アイダーダウンの精製
最終的に人の手によって細かいゴミを取り除きます。
アイスランド産アイダーダウンの精製
すべてのゴミが取り除かれたアイダーの羽毛
アイスランド産アイダーダウンの精製
完全に除塵が終わり、次の工程は洗浄です。
アイスランド産アイダーの羽毛の精製(洗浄)
1回目の洗浄。洗浄は丁寧に手で押し洗います。
アイスランド産アイダーの羽毛の精製(洗浄)
二回目の洗浄。更に洗浄します。
アイスランド産アイダーの羽毛の精製(洗浄)
羽毛専用の天然の洗浄剤です。

◆すべての加工終了後、とてもきれいなアイダーダックの羽毛になりました。

すべての加工処理を終えたアイダーダックダウンは、最初の採取された時の汚れや臭いも無くなり、わたしが日本で見る美しいアイダーダックのダウンになりました。
アイスランド産アイダーダックの羽毛
たくさんの工程をかけ、生まれ変わったアイダーダックの羽毛の美しさを改めて確認しました。
アイスランド産アイダーダックの羽毛
アイダーダックの羽毛の一番の特徴は・・・スティッキー。それぞれのダウンボールが絡み合う性質を持っていて、それが快適な空気層をつくり、それ故、このダウンのおふとんが世界一と言われる理由です。

●フラトエイ島を案内していただいた Mis.Erla です。

アイスランド産アイダーダックの羽毛布団
お忙しい中、ありがとうございました。

今回、アイスランド、アイダーダックの島、Flatey(フラテイ島)を案内していただいた、Mis.Erlaさんです。

キングアイダー社のジェネラルマネジャーをされている、とても才女でチャーミングな女性でした。

小さい頃から身近にアイダーダックと接してこられた、アイダーダック一家の代表者です。
「アイダーダック」の羽毛を見つめられる眼差しはとても優しく、かつ熱い思いが感じられました。

お忙しく貴重な時間を私たちにお取りいただいた感謝の気持ちと、アイダーダックへの愛情と熱意を大切に心に刻み帰国いたします。
私は、お客様に喜んでいただける、真の究極のアイダーダックの羽毛ふとんを作ります!と決意をいたしました。

「ありがとうございました!Mis.Erla!」

このページの上へ