HOME  > リフォーム・メンテナンス > 羽毛布団の診断とは⁉

「羽毛布団の診断」

当店ではリフォームされるされないにかかわらず、お客様からお送り頂いた羽毛布団は必ず「店内羽毛診断室」にて羽毛布団の診断」を致します。

羽毛の診断順序は・・・
診断1. みなさまのお布団に添付されている「品質表示ラベル」には、羽毛ふとんのサイズ・羽毛の種類・ダウン率・側生地の組成・羽毛量などが記載されています。
それが読めれば良いのですが、ラベルが読めない場合はこのチェックはできません。

診断2.・・・少量のダウンを取り出して専用容器に入れ、数回振り羽毛を拡散してから直に羽毛の状態を確認します。
羽毛の診断のポイントは、1.羽毛の種類及びダウン率、2.一つの羽毛(ダウンボール)から切れたファイバー及びピリングの量、3.ダウンや羽根が絡み合った毛玉の量、4.正常な羽毛の弾力性などを目視して確認します。

長年使われた羽毛の傷み具合は、元々の品質やご使用年数・頻度によって同じではございません。
もちろん、ご使用年数が長いと羽毛の傷みも多くなります。
 
羽毛布団から羽毛を取り出してチェックをしています。
取り出した羽毛を確認
 
羽毛をチェックして診断表に記入
診断結果を診断書に記入
 
取り出した羽毛をお客様と確認します。
お客様に診断結果を報告します。
 
■羽毛布団の診断の手順と内容

①.羽毛布団の詳細の確認
「サイズ・側生地の組成・キルトの縫製・羽毛の種類・羽毛量」

②.羽毛を少量取り出して診断
「羽毛の状態・・・ファイバー・ピリング・毛玉などの割合」

■診断後お客様へ結果をご報告いたします。
 その後、どの様なお布団にリフォームをするかをお決め頂きます。
 

①.羽毛布団の詳細を確認

●羽毛布団に添付されてる「品質表示ラベル」をチェックします。

羽毛布団:サイズ、側生地、マス数・キルト縫製

品質表示ラベル:生地の素材、充填物の詳細・・・羽毛の種類・ダウン率・羽毛量など

注:リフォームに該当する羽毛のダウン率は、基本ダウン70%以上の羽毛ふとんとさせて頂いております。
 

●品質表示ラベルを確認

添付の「品質表示ラベル」には羽毛布団の詳細が書かれています。
1. 製造及び販売会社名
2. サイズ
3. 羽毛の種類とダウン率
4. 羽毛充填量
5. 側生地の組成

記入されていない側生地のキルト縫製やマス数などは、当スタッフが直接確認してすべてカルテに記載します。
側生地のキルト縫製では、マス数やマチ高はとても重要なポイントですので、細かく調べます。
側生地によっては風合いや重さがそれぞれ異なります。
お客様にとっては、次の側生地をお決め頂く参考に、今の側生地の詳細をお伝えするのはとても大事な事です。
 

②.羽毛の状態を確認

次に、羽毛布団からダウンを少量取り出し、羽毛専用の検査容器に入れて診断を始めます。
容器に入れた羽毛を数回振って羽毛を拡散します。
A.羽毛の種類の確認
・ラベル表示の(グースかダックかなど)種類で間違いないか。

B.羽毛の傷み度の診断
診断1. 羽毛のベタ付き度(汗や皮脂の付着が原因)
診断2. 正常な羽毛の量
診断3. ファイバーの量(切れてしまった羽毛)
診断4. ピリングの量(丸まって閉じてる羽毛)
診断5. 毛玉の量(ダウンと羽根やきょう雑物が絡み合って玉状になってる)
 

A.羽毛種類を確認します。

羽毛の種類は大きく分けて、グースとダックがあります。
グースには、ホワイトグース・シルバーグース・マザーグースなど。
ダックには、ホワイトダック・グレイダックなど。

同じダックでもアイダーダックは別格の高価な羽毛です。
当店では「アイダーダックの羽毛の診断」も行っております。
 

B.羽毛の傷み度をチェック!

■傷み度のチェックは、羽毛の診断の中で一番重要なポイントです!

羽毛の傷み度の割合によって、リフォームをお奨め出来るかどうかが決まります。
羽毛ふとんは必ず掛けカバーをご使用頂きます。
例えば、そのカバーの洗濯交換頻度が少ない場合、またカバーをされずにご使用されてる羽毛ふとん、日ごろ陰干しなど全くされていない羽毛などは、とても羽毛にベタ付きが多く嵩が劣ります。
また、ファイバーやピリングはどんな羽毛ふとんもご使用の上で徐々に発生していきますが、ご使用年数が長ーくなると当然割合も多くなってきます。
更に、壊れた羽毛やきょう雑物などが羽毛と付着して毛玉になってしまいますと、リフォーム加工をしてもほぐれないので取り除かなければなりません。

このような悪条件が重なりますと、せっかくの羽毛も「再生」が出来ないファイバー化の羽毛、ピリングの多い羽毛、毛玉になった羽毛の割合が相当量の発生となり、場合によっては「リフォーム不可」との診断結果となります。
 
ファイバー:綿毛の様なダウンから切れた毛状のモノ
 
ピリング:羽毛が閉じた状態のモノ
 
毛玉:ダウンとダウンやスモールフェザーとで絡み合った状態の羽毛のこと
 

使用年数別の傷んだ羽毛の比較

左から、20年使用→15年使用→10年使用→5年使用→未使用の新毛
写真は、使用年数別に羽毛を2gづつ同じ容器に入れています。
一概に使用年数だけで羽毛の傷み具合を判断することは出来ませんが、おおよそ使用年数が長くなると羽毛の傷みも比例して多くなります。

羽毛のカサ高(高さ)が使用年数に伴って低くなることで、劣化が多いことが理解できます。
また、左の20年使用の羽毛の色は、5年使用と比べてとても黄ばんだ色です。
これは汗などで変色していることがよくわかります。

プレミアムダウンウォッシュ洗浄加工前と加工後の比較

■右の羽毛は、洗浄前の羽毛2ℊです。
左の羽毛は、プレミアムダウンウォッシュ洗浄加工後の2ℊの羽毛です。
除塵加工・洗浄加工することで、同じ羽毛でもかさが戻り復元できました。
萎んだ羽毛を開かせることで、高さが高くなる分より大きな空気層を作れることがお解り頂けますか?

この様に、傷んだ羽毛やきょ雑物などを取り除き、再生出来る情チアの羽毛を洗浄すると、汚れが落ちてキレイになり、また、パワーある羽毛に蘇ります。
 

●正常なダウン

正常な羽毛ダウンの状態
 
最後に、正常な羽毛をご覧下さい。
たくさんの羽枝が均等に開き、ひとつのクラスター(塊)を作っています。
放射状に開いた毛がたくさんの空気層を作って保温性能を持つ、力のある羽毛(ダウン)となります。

最初はこのような大きなダウンが、人の汗や皮脂などで徐々に萎んで閉じていき、また側生地との摩擦や我々が羽毛が押さえたりして切れたり、絡まったり、毛玉になったりして壊れていきます。

日頃、使われる方が汗かきであったり、寝室がジトっと湿った状態の中で使われたり、メンテナンスで羽毛布団を干したりして乾燥させることが少ないと、羽毛の傷みが早くなります。

このような状態を復元させるために、定期的な「羽毛ふとんのリフォーム」が必要であることがお解り頂けますでしょうか?
「羽毛ふとんのリフォーム」はお布団のクリーニングではなく、「羽毛の再生」であることを強くお伝えしたいと思います!
 

なぜ当店が「羽毛布団の診断」の必要性を伝えたいか・・・。

羽毛(ダウン)は、10年をメドにリフォームする事で、その耐久年数は約30年ほどと言われています。
しかし、この定期的なメンテナンス(リフォーム)をされないと、どんなに最高品質の羽毛であっても数十万円・数百万円の羽毛ふとんでもこの維持年数は保証できません。
元々の羽毛の品質や種類、使用の仕方、使われる方の体質、メンテナンスの仕方などによって、羽毛の傷み度が異なり羽毛の寿命も違ってきます。

どの程度 羽毛が傷んでいるのか?、元々の羽毛の種類や品質はどの程度だったのか?、まだまだ使える羽毛なのか?、リフォームする方がお得なのか?など、お客様にとってのお悩みの解決方法は、その羽毛ふとんと羽毛を直に診断する事でございます。
その為にまずは「羽毛布団の診断」を始めて頂きたいと強くお奨めさせて頂きます。

日本羽毛ふとん診断協会」認定の「羽毛診断士・ダウンプロフェッサー」の資格を持ち、お客様からのご質問・お問い合わせに対応させて頂いております。
更にご希望頂きましたら、羽毛布団の診断をさせて頂きます。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

株式会社 グートン  責任者:出口 雅昭
 
羽毛を診断しているところ
羽毛診断室にて診断中
 
取り出した羽毛を説明しているところ
診断結果をお客様にご説明
 

羽毛布団の診断風景

■皆さんのご来店・ご連絡を、心よりお待ちいたしております!
 



●羽毛布団のことなら 羽毛ふとん専門工房 グートンにお任せください。

●羽毛布団専門店の「羽毛ふとん専門工房/グートン」は、皆様により快適にお使い頂ける羽毛布団を自社にて製造して販売しております。

取扱い羽毛布団は、「逸品」のアイダーダックスーペリアマザーグース、最高品質プレミアムクラスのマザーグース羽毛布団高品質ロイヤルクラスのホワイトグース羽毛布団、エクセルクラスの厳選の羽毛布団等、サイズ別・仕様別の羽毛布団を揃えております。
また、規格サイズ以外で
ご要望が多いロングロングサイズ丈長230cm超丈長250cm・幅の広いワイドキングサイズ等、お客様のご希望とおりのカスタムオーダーメイド(別注)羽毛布団もお作りいたします。また、家で丸洗いができる「洗える羽毛布団」も取り揃えています。

●さらに、ご購入後の羽毛布団の補修・メンテナンス、長年使われたら羽毛布団の打ち直し・リフォームまで自社の羽毛工房にて受け賜ります。羽毛布団の打ち直し・リフォームは、必ず「羽毛布団の診断」をして、お客様とご相談の上で、プレミアム コーススチーム・除塵コース側生地のみ交換コースをお選びいただけます。リフォーム事例もご覧になられて参考下さい。
どうぞ
羽毛布団のことなら 何でもお気軽にご相談ください。
羽毛ふとん専門工房の出口雅昭です。お気軽にお尋ねください。
羽毛ふとん専門工房 グートン
代表 出口雅昭
羽毛製品アドバイザー
ダウンプロフェッサー






■電話をかける

 

羽毛布団に対するお問い合わせ リフォームの依頼・相談 LINEで相談する
このページの上へ