リフォーム前
・羽毛布団をリフォームされる理由は?
兵庫県、西宮市にお住いの方からお電話にて「母の羽毛ふとんですが、ストーブで焦がしてしまったのでリフォームしてほしいのですが…!」とのご相談を頂きました。
ご使用年数は10年ほどで、羽毛布団の四つ折りした時の高さも40cm以上はあるとの事です。
「梱包キット」をお届けして羽毛ふとんを送って頂きました。
・羽毛布団の診断結果は?
届いた羽毛布団はストーブで焼かれた所にはテープが張ってあり、少し焦げ臭いにおいがしましたが、中の羽毛の汚れや傷みは標準程度の「Cランク」でした。
焼けた生地は新しいものになるのでニオイも大丈夫です。
・リフォームして仕上げた羽毛布団の詳細
羽毛布団を解体して取り出した羽毛量は、シングルにしては羽毛量がとても多くて1.8kgも入っていたmした。
リフォーム後も同じシングルにされるので、通常は足し羽毛(新しい羽毛の補充)が必要なのですが、羽毛量が多い分洗浄・除塵後の目減りしても、再生されて残った羽毛でシングルに必要な羽毛量は確保できました。
新しい側生地は60番手のサテン織りのK6600/クリーム色でお決め頂きました。
リフォーム後
・今回のリフォームのコースは
プレミアム コース
「プレミアム ダウンウォッシュ仕上げ」
・今回のリフォーム価格の詳細
ストーブで焼かれた羽毛布団をリフォーム
・羽毛布団の解体費:シングル 2,700円

・羽毛洗浄費:シングルですが、1.8kgでした。13,000円
・新調の側生地:60番手サテン織り K6600/ピンク シングル 12,600円
・羽毛の充填加工費:シングル 2,700円
・足し羽毛:無し

■合計金額は、¥31,000.-(税別)となりました。
・その他
 

●この度は、当店に羽毛布団リフォームのご依頼を賜りまして 誠にありがとうございました。

 羽毛ふとん専門工房 グートン
 

プレミアムコース

 

「プレミアムダウンウォッシュ仕上げ」
 
当店オススメの羽毛布団リフォーム加工は、羽毛布団リフォームの最高の技術と言われる「プレミアムダウンウォッシュ仕上げ」で、5年以上使われた羽毛布団は「プレミアムコース」がお薦めです。

【プレミアムダウンウォッシュ加工方法】
まず、最初に羽毛布団を解体して中綿の羽毛ダウンを取り出し、除じん加工でゴミを出来る限り取り除き、そして羽毛を直接温水と専用洗剤で洗浄しその後、約150℃の高温で羽毛を乾燥させて、冷却しながら除塵加工を施して羽毛を再生します。そして、新しい側生地にその再生した羽毛を吹き込んで仕上げるリフォーム方法です。

注:取り出した羽毛を袋に入れて洗浄したり、羽毛布団をそのまま「丸洗い」をする洗浄の「ダウンウォッシュ仕上げ」と呼ばれる加工方法と、「プレミアムダウンウォッシュ仕上げ」とでは羽毛ダウンの仕上り方にとても差があります。

■羽毛布団のリフォーム時には、サイズの変更・仕様や種類の変更・枚数の増減などなど、使いたい羽毛布団に仕上げることが出来ます。

■もちろん、羽毛布団一枚づつ解体して、特殊洗浄機にて洗浄いたしますので、他の羽毛と混ざることはありません。

 リフォームが初めての方は「こちら」をご参照ください。

 羽毛布団の診断は「こちら」をご参照ください。



■写真は、プレミアムダウンウォッシュ仕上げにより温水と専用の洗剤で直接洗浄された羽毛です。
 

■5年以上お使いの羽毛布団にオススメのコース

■プレミアムコースのリフォーム料金

下記の ①+②+③+④+⑤を足した価格が「リフォーム料金」となります。


①.解体費羽毛布団を解体して、羽毛を取り出す加工費

●サイズ別解体費【税込価格】
シングル セミダブル ダブル クィーン キング
2,970 3,520 3,850 4,400 4,950
 

②.充填加工費…洗浄・除じん加工後、新しい側生地に羽毛を入れて仕上げる加工費

●サイズ別充填加工費【税込価格】
シングル セミダブル ダブル クィーン キング
3,300 4,070 4,400 5,170 5,500


③.洗浄費…取り出した羽毛を直接、温水と専用の洗剤で洗うプレミアム加工費(+除じん加工費含む)
プレミアムダウンウォッシュ仕上げ

●羽毛量別洗浄・除じん加工費【税込価格】
~1.5kgまで 2.0kgまで 2.5kgまで 3.0kgまで 3.5kgまで
シングル1枚 セミダブル
ダブル
クィーン
キング
キング
シングル2枚
 
11,000 14,300 17,600 20,900 24,200
 


④.側生地代・・・リフォームはすべて国内縫製された新しい側生地になります。

■側生地の価格表

日本製】無地柄
【税込価格】

側生地の種類 重さ/㎡ シングル セミダブル ダブル クイーン キング
40番手
平織
126g 10,340 13,090 14,520 17,600 20,350
50/40番手
ツイル織
137g 13,200 16,500 18,370 22,110 25,960
60番手
サテン織
136g 15,510 19,470 21,780 26,180 30,580
一番人気 スーピマ超長綿
80番手 サテン織
114g 19,910 25,080 27,940 33,550 39,160
インド超長綿
100番手 サテン織
99g 31,900 40,040 44,770 53,790 62,700
2層式(ツインキルト)仕様 追加料金 6,600 8,250 9,350 11,000 12,650
厚め冬用にした場合 追加料金 1,100 1,100 1,100 2,200 2,200

令和4年5月1日改定

夏用のキルト縫製(薄型キルト)を詳しく見る場合は、こちら
春秋用・冬用のキルト縫製(立体キルト)を詳しく見る場合は、こちら
2層式(ツインキルト)及び厚め冬用は、寒冷地及び寒がりの方などにオススメです。

羽毛布団打ち直しリフォーム時には、サイズ・種類・仕様・枚数など変更できます。

当店の側生地はすべて国内縫製仕立てで、一番人気はスーピマ超長綿 80番手サテン織の生地です。
※柄物の生地もご用意しています。こちらからご覧ください。


⑤.補充の羽毛サイズの変更・仕様の変更・枚数の増減などで、羽毛が足りない時に補充する新しい羽毛です。

お客様がご希望の羽毛布団にリフォームして仕上げるのに必要となる羽毛量が、洗浄・除じん加工後に目減りをして足りない場合や、サイズの変更・仕様の変更で羽毛が足りない時に補充する羽毛です。
ご希望に応じてお好みの羽毛で必要な羽毛量をお選びいただけます。

※足し羽毛量は「10g単位」で補充いたします。

■羽毛の種類・100gあたりの金額(税込)

羽毛
クラス
羽毛の種類 ダウンパワー 100g
★2 ハンガリー産
ホワイトダック90%
370dp 2,750
★3 中国産
ホワイトグース90%
390dp 3,850
★4 中国産
ライオンヘッドグース93%
410dp 5,500
★4 ハンガリー産
シルバーグース93%
410dp 5,500
★5 ポーランド産
コウダ種
ホワイトグース93%
420dp 7,700
★6 中国産
マザーグース95%
440dp 11,000
★6 ポーランド産
コウダ種
マザーグース95%
440dp 13,200
★7 ポーランド産
「スーペリア」
マザーグース98%
480dp 22,000

 

 羽毛布団 集荷 無料サービス中!

●羽毛布団リフォームをされる方は「無料」で羽毛布団を集荷させて頂きます。

《羽毛布団 集荷の手順》


①.まずは、当店までご連絡(電話又はメール)をください。

 ★お電話の方は、フリーダイヤル 0120-401-910  
 ★お問い合わせメールはこちら


■羽毛布団の状況をお聞きし、リフォームのご相談をさせて頂きます。
その後、お客様と打ち合わせしてから、


②.「梱包キット」を お客様宅へお届けいたします。
羽毛布団のリフォーム」のご依頼をいただきましたら無料「梱包キット」を予めお送り致します。
※羽毛布団の枚数が多い方はご相談ください。大きな梱包袋(3~5枚入可能)又は2セットお届けいたします。


★ご自宅に「梱包キット」が届きましたら、

③.梱包袋に羽毛布団を入れて下さい。

■羽毛布団は小
さくたたんで梱包をお願いします。

注:梱包サイズの3辺が160cmを超えると、ヤマト宅急便ではお引き取りが出来ない場合があります。
 
■梱包が終わりましたら…
④.ヤマト宅急便へ集荷依頼の電話を掛けてください。


【ヤマト便の集荷係りへ連絡】
★フリーダイヤル 0120-01-9625 

※着払いですので送料は無料です。

※但し、羽毛布団のリフォームが出来るか出来ないか分からない場合は「羽毛布団の診断」から始めさせて頂きます。その場合の送料は「元払い」にてお願いしております。
しかし、羽毛布団の診断後、リフォーム可能と診断されて、リフォームをされた場合はご負担いただいた「送料」をリフォーム料金より相殺させていただきます。
また、沖縄県及び離島につきましては別途お問合せください。

リフォーム後のお届けする「送料」無料です。


■羽毛布団リフォームのことなら、羽毛診断士ダウンプロフェッサーのスタッフがご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。​

 

ラインからのご相談も承っております。ご利用くださいませ。





「皆様からのご連絡を 心より待ちいたしております!」

 羽毛ふとん専門工房 グートン スタッフ一同
 


「プレミアムコース」 のその他の事例