リフォーム前
・羽毛布団をリフォームされる理由は?
大阪府大阪市より「30年前に買ったダブルの冬用ふとんと肌掛け用お布団をシングルの冬用にリフォームしたい。」とご相談がありました。

羽毛布団の診断をして羽毛の傷みを確認してから、どの様にするかをご相談することになり、まず「梱包キット」をお届けして羽毛布団を送って頂くことになりました。
診断からですので当初の送料はお客様にご負担をいただいて送っていただきました。
・羽毛布団の診断は?
届いた羽毛布団は、額縁キルト縫製の冬用羽毛布団と薄型キルトの肌掛け布団です。
両方とも品質表示は付いていないので詳細は確認は出来ませんが、お布団の上から羽毛のタッチを確認すると羽軸が手に感じられて、ダウン率は50~70%程と見られました。

羽毛布団を四つ折りにした時の高さは、ダブルの冬用羽毛布団は20cm程度しかありません。この状態でしたらリフォームは難しいと思います。



もう1枚の薄型の肌掛け羽毛布団は、羽毛量が少ないので元々高さが低いのが当然ですので問題は有りません。

ここで中の羽毛を少量取り出して診断をします。

■まずは、薄型の肌掛け羽毛布団からです。
これには水鳥羽毛 100%と表示がありました。
これはダウン率の事では無くて、水鳥の羽毛「羽毛とフェザー」を使っているお布団です。との表示です。



取り出した羽毛は、ホワイト系のダックの羽毛だと思われます。



しかし、ご覧の様にファイバーがとても多く、羽根も羽毛も毛玉となり絡まってしまっている状態が見えます。この状態はリフォーム不可と診断されました。

■次に、額縁キルトの冬用羽毛布団の羽毛を取り出して診断しました。
生地の上からでも、羽毛同士が固まっているのかゴツゴツとした感じです。

やはり、羽毛が絡み合い固まりになっています。



これを解すと毛が切れてファイバーになります。
また、フェザーも多くきょう雑物も多く見られます。
ダウン率は50%程度だと思われました。



ダウン率が低く、傷みが多い為にこれでは羽毛は再生が出来ませんのでリフォームは当然不可と診断されました。

以上の様な診断結果をお客様に報告しました。
・今回の羽毛布団リフォームについて
今回はとても残念ですが2枚共に「リフォーム不可」の診断となり、お客様もご了解なさりリフォームを諦められました。

特に、冬用の額縁キルト縫製で生産された羽毛布団は、ダウン率が50~70%程度のものが多くて、使用年数も30年以上がほとんどになりますのでリフォーム不可と診断される羽毛布団がとても多いです。
リフォーム後


リフォームが出来なかった羽毛布団
 

■全ての羽毛布団がリフォーム出来るとは限りません。

「羽毛布団がリフォーム出来ない」と言うのは2通りの意味がございます。

1つは、元々の羽毛の品質が低い(ダウン率がダウン80%未満)場合です。
この場合、フェザー20%以上となり、フェザー(羽根)は洗浄しても再生する事が出来ない為にダウン率の低い羽毛はリフォームをお受けすることが出来ません。

また、ダウン率が80%未満の羽毛布団は、リフォームの加工費を掛けて羽毛布団をリフォームしても同品質の羽毛布団に買い替える以上に費用が掛かってしまい、リフォームをする価値が少なく買い替えの方がお得な場合がほとんどです。

もう1つは、羽毛ふとんの中の羽毛の傷み具合が激しく、洗浄しても膨らむ力が再生できない程に傷んでしまっていて、リフォームをオススメ出来ない場合です。
この場合、リフォームして羽毛を直接洗浄・乾燥しても、壊れてしまった羽毛は保温性のあるダウンによみがえらすことが出来ません
もしリフォームして仕上がりの羽毛布団を使っても暖かく無かったり、すぐにまたヘタってしまう可能性が高く、快適に使うことの出来る羽毛ふとんに仕上がりません。
その為、当店ではどの様な羽毛ふとんも必ず中の羽毛の状態(傷み具合)を診断した上で、リフォームをオススメできるかどうかを判断しています。

但し、想い出のある羽毛布団やどうしても残したい羽毛布団の場合は、お客様へご相談・ご了承の上でリフォームをさせて頂きます。
お気軽にお尋ねください!
 

■自宅で出来る「かんたんな羽毛布団の診断方法」

3-POINT

①.羽毛布団の高さが35cm以上の高さがあること。

冬用の羽毛布団の場合は、羽毛布団を四つ折り(四つ畳み)にして、上から押さえずに羽毛布団の高さが35cm以上の高さ厚みがありましたらリフォームが出来る可能性が高いです。

注:この診断は、通常の冬掛け使用の布団です。
少し薄い目の羽毛布団や合い掛け用・肌掛け用の場合、また、アイダーダック羽毛布団は診断基準が異なります。


●左の羽毛布団はリフォームが出来ません。
●右の羽毛布団はリフォームをお薦め出来ます。

②.品質ラベルを確認する

羽毛のダウン率:ダウン率80%以上であること



③.使用年数及びご購入年数の確認

羽毛布団の使用年数・ご購入が10~12年くらいでリフォームされるのが理想です。
20~30年を超えると羽毛の傷みが多くなりお薦めが出来ない場合があります。



以上、の3ポイントをチェックして見てください。

もし、分からない場合はお電話メール公式ラインアカウントなどで当店までお気軽にご相談くださいませ。

■羽毛布団リフォームのことなら、羽毛診断士ダウンプロフェッサーのスタッフがご相談を承ります。
お気軽にご連絡ください。​


 桜木由美子です。


 出口直次郎です。

ラインからのご相談を承っております。ご利用くださいませ。




「皆様からのご連絡を 心より待ちいたしております!」

 羽毛ふとん専門工房 グートン スタッフ一同

■お買い替えをされる場合にご参考ください。当社製造の羽毛布団をご紹介しています。
 

「リフォームが出来ない」 のその他の事例