リフォーム前
・羽毛布団をリフォームされる理由は?
兵庫県西宮市より「インターネットを見て羽毛布団を診断してくれると書いてあったので持ってきました。見てもらえますか?」とご夫婦でご来店されました。
持って来られた羽毛布団は丈の長い230cmのシングルサイズの羽毛布団との事でした。

ご主人様はとても身長が188cmもあるお高い方で高校時代にはバスケットをされていて、とても身長が高いのでご両親様が丈の長い羽毛布団をわざわざ作ってもらった物なので、長い間とても大切に使われてきた羽毛布団だそうです。
早速に羽毛布団の診断をさせて頂きました。
・羽毛布団の診断結果は?
京都西川製の羽毛布団でジャガード柄の丈が220cmのロングロングのシングルサイズです。キルト縫製は5x6マスのマチ高さ約5cm仕様のお布団でした。



羽毛布団を四つ畳みにした時の高さは25cm程度です。


羽毛布団より取り出したサンプル羽毛は、毛玉もあり羽毛が壊れて細かいファイバーがとても多い状態でした。



◆仕分けして見ました。


◆毛玉


◆ピリング状の羽毛


◆ファイバー「毛切れした羽毛」


以上、診断の結果は、羽毛の傷み度「DEランク」となりました。
これではリフォームはお薦め出来ませんのでリフォーム不可としました。
・どの様な羽毛布団に仕上げますか?
このロングロングサイズの羽毛布団を長くご愛用されたのは、市販ではなかなか丈の長い羽毛布団が販売されていないのでずっと使われておられました。
しかしこれでも足が羽毛布団より出るとお悩みのご意見でした。

そこで、当社が企画している丈長超ロングロングサイズ250cmの羽毛布団をご提案させて頂き、ご体感されてお買い換えすることになりました。
リフォーム後
【リフォームが不可となりお買い替え】

リフォームからのお買い換えとなりましたので、今までの羽毛布団よりももっと快適な羽毛布団を提案させていただきました。

まず、丈長230cmでも足が出るとの事で、さらに丈を長くした超ロングロングサイズ250cmにして、お使いのベッドがセミダブルとの事でしたので、幅もセミダブル170cmをご提案して170x250cmの羽毛布団に決まりました。

羽毛の種類は当社人気のポーランド産ホワイトグースダウン93%、側生地には100番手サテン織「ラムコ」をご紹介させていただきました。

《ご購入の羽毛布団の詳細》 2021年 1月 14日
★高品質ホワイトグースの
超丈長250cmの3Lロングロングサイズの羽毛布団
サイズ:170x250cm
羽 毛:ポーランド産ホワイトグース ダウン93%
羽毛量:1,650g
側生地:100番手サテン織「ラムコ」
キルト:5x7マス・マチ高さ7cm
枚 数:1枚
ご購入金額:¥175,175.-(税込み価格)

カバーリングサービス:京ふたえダブルガーゼ ネイビー色 170x250cmをサービスさせていただきました。

 この度は、羽毛布団をご購入頂きまして、誠にありがとうございました。
お買上げ後のお手入れ方法やメンテナンス等につきましてもお気軽にご相談ください。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。誠にありがとうございました。

 羽毛ふとん専門工房/グートン
 
《アンケートにお答えいただきました。》 2021年 1月 9日

1.お買上げ頂いた商品はいかがでしたか?

250x170cmと、身長188cmの私にとっては
とても魅力的なサイズの商品でした。実際に
寝てみると、すごく軽いのにとてもあたたかく
朝まで目が覚めることはありませんでした。

2.当店の対応はいかがでしたか?

ご説明していただいたお店の方々の
人柄の良さです。とても詳細にわかりや
すくご説明いただけ、納得できたからです。

3.その他、ご意見・ご感想をお聞かせください。

今後のメンテナンスやその他について
定期的にご案内いただけると助かります。
それと、私のベッドに250cmは少し長い
のかも?とも思いました。


 

 この度は、リフォームが出来ずに羽毛布団をお買い換えいただき、またアンケートにもお答えいただきまして 誠にありがとうございました。

このお客さまの声を大切にして 今後の営業及びサービス活動に 活用をさせていただきたく思います。今後とも ご愛顧のうえ よろしくお願い致します。ありがとうございました。
  
 羽毛ふとん専門工房 グートン 出口 直次郎
 


リフォームが出来なかった羽毛布団
 

■全ての羽毛布団がリフォーム出来るとは限りません。

「羽毛布団がリフォーム出来ない」と言うのは2通りの意味がございます。

1つは、元々の羽毛の品質が低い(ダウン率がダウン80%未満)場合です。
この場合、フェザー20%以上となり、フェザー(羽根)は洗浄しても再生する事が出来ない為にダウン率の低い羽毛はリフォームをお受けすることが出来ません。

また、ダウン率が80%未満の羽毛布団は、リフォームの加工費を掛けて羽毛布団をリフォームしても同品質の羽毛布団に買い替える以上に費用が掛かってしまい、リフォームをする価値が少なく買い替えの方がお得な場合がほとんどです。

もう1つは、羽毛ふとんの中の羽毛の傷み具合が激しく、洗浄しても膨らむ力が再生できない程に傷んでしまっていて、リフォームをオススメ出来ない場合です。
この場合、リフォームして羽毛を直接洗浄・乾燥しても、壊れてしまった羽毛は保温性のあるダウンによみがえらすことが出来ません
もしリフォームして仕上がりの羽毛布団を使っても暖かく無かったり、すぐにまたヘタってしまう可能性が高く、快適に使うことの出来る羽毛ふとんに仕上がりません。
その為、当店ではどの様な羽毛ふとんも必ず中の羽毛の状態(傷み具合)を診断した上で、リフォームをオススメできるかどうかを判断しています。

但し、想い出のある羽毛布団やどうしても残したい羽毛布団の場合は、お客様へご相談・ご了承の上でリフォームをさせて頂きます。
お気軽にお尋ねください!
 

■自宅で出来る「かんたんな羽毛布団の診断方法」

3-POINT

①.羽毛布団の高さが35cm以上の高さがあること。

冬用の羽毛布団の場合は、羽毛布団を四つ折り(四つ畳み)にして、上から押さえずに羽毛布団の高さが35cm以上の高さ厚みがありましたらリフォームが出来る可能性が高いです。

注:この診断は、通常の冬掛け使用の布団です。
少し薄い目の羽毛布団や合い掛け用・肌掛け用の場合、また、アイダーダック羽毛布団は診断基準が異なります。


●左の羽毛布団はリフォームが出来ません。
●右の羽毛布団はリフォームをお薦め出来ます。

②.品質ラベルを確認する

羽毛のダウン率:ダウン率80%以上であること



③.使用年数及びご購入年数の確認

羽毛布団の使用年数・ご購入が10~12年くらいでリフォームされるのが理想です。
20~30年を超えると羽毛の傷みが多くなりお薦めが出来ない場合があります。



以上、の3ポイントをチェックして見てください。

もし、分からない場合はお電話メール公式ラインアカウントなどで当店までお気軽にご相談くださいませ。

■羽毛布団リフォームのことなら、羽毛診断士ダウンプロフェッサーのスタッフがご相談を承ります。
お気軽にご連絡ください。​


 桜木由美子です。


 出口直次郎です。

ラインからのご相談を承っております。ご利用くださいませ。




「皆様からのご連絡を 心より待ちいたしております!」

 羽毛ふとん専門工房 グートン スタッフ一同

■お買い替えをされる場合にご参考ください。当社製造の羽毛布団をご紹介しています。
 

「リフォームが出来ない」 のその他の事例